appC cloudさんの機能を使ってアイテム課金したい

モバイルアプリでアイテム課金。いままで怖くてできませんでした。

ただ、「appC cloud」さんの機能を使えば簡単にできるみたいなので、ちょっと試してみました。

ちなみに試したツールは先日Pro版を購入したUnityですΨ(`∇´)Ψ

 

appC cloudさんのサイトにはもちろんUnity用のチュートリアル画面があります。

ただ・・・私には理解し難く、アイテム購入画面を表示させるのに時間がかかりました。

なので自分のメモも兼ねて記録しておきます。

 

まず、appC cloudでの「アイテムSTORE」ですが、ここだけを設定しても課金機能は

使えないのです。iOSならばAppleに、Androidならばgoogleに登録する必要があります。

私はappCさんだけでできるかと思って興奮しておりましたが、それはAppleの契約的に

できないようです。

 

appc2

 

Unityのチュートリアルなのですが、途中までiOS版をみてねと。ふむふむ。

するとチュートリアル画面にはiTunes Connectの画面が表示されているのですが、

これの前にデベロッパーセンターで課金アイテムの登録をする必要があります。

最初わからなくてねぇ・・・。この後にある申請の画面だけ設定して「できないなぁ」と

思っておりましたハイ。

デベロッパーセンター

 

その後、iTunes Connectにて「申請用」に登録します。しなくてもいいかもと思いましたが

appCさんのチュートリアルでは指示されているのでしときましょ。

審査用

 

ちなみに口座と税金の部分も設定ておかないとダメなようです。

ここもわからなくてねぇ。この「わからなさ」はAppleのせいですけどね!

税

 

 

とここまでApple側で設定しまして、ようやくappCさんのアイテムSTORE設定を行います。

アイテムIDが、デベロッパーセンターで登録した番号でないとダメです。

appC

 

 

 

 

【UnityでのC#コードはこれです(push_buyはボタンから呼ばれるように仕込んでください)】

void Awake()
{
appCCloud = new AppCCloud().SetMK_iOS("appCコード")
.On(AppCCloud.API.Purchase)
.Start();

}

public void push_buy() {
Debug.Log("push_buy");
// 課金アイテム一覧を開く
appCCloud.Purchase.OpenPurchaseView();

}

 

 

 

実行してアイテム購入画面を開きますと・・(ちゃんと設定できていれば)表示されます!

登録されていない場合、利用規約と閉じるボタンだけになります。

それすらも表示されていないとなると、appCさんのSDKをいれてないとか、ボタンから

アイテムストアが呼び出されていないかかなと思いますハイ。

IMG_0717

 

 

 

 

【Xcodeでのビルドの際、これを忘れてはいけません】

#iOS
* buildボタンを押して、Xcodeのプロジェクトを出力してください。
* 作成したプロジェクトをXcodeで開いて下さい。
* StoreKit.framework、CoreTelephony.frameworkを追加してください。
参考URL https://app-c.net/tutorial/unity/os/

 

 

【あとUnity5を使っている方ならばさらに以下を追加】

Unity v5.0.0よりARCが有効になりました。
v5.0.0以降で出力したプロジェクトでは、以下の箇所の修正を行ってください。

Build Phases -> Compile Sources -> appCUnity.mm をダブルクリックし、
-fno-objc-arc を追加。

 

 

ちなみに認証までは行きますが、購入には失敗します。

これを購入するテストをするにはApple側でさらに設定が必要と思います。

それはまたの機会に!

Post Tags
, , ,
About Author: jeffry

コメントを残す